読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しい生活

RAPTブログによって変わったことを伝えます

ちょっとした幸せ

RAPTブログで信仰を知ってから、ときどき、祈るでもなく賛美するわけでもなく悔い改めをするわけでもなく、ただ神様を想って感じる時間が妙に幸せです。

なんにもしなくて少し申し訳ないのですが、神様ありがとうございます。



ねたみとは

誰かが気に入らない!
気にしないようにしてるのに気になっちゃう!嫌な気分になる。
自分はなんて性格が悪いんだろうと落ち込んでいるそこのあなた!
わたし!

それって自分を見つめ直すいいきっかけです。

その人のどんな所が気になる?許せない?
よく観察してみてください。

自分はそうなりたい?どこがうらやましい?

すると自分が我慢していたこと、本当はやりたいことがでてきます。

でも、あなたは今それをしていません。すぐできることならしましょう。
しかし、今していないことなので、できない理由、しない理由があるはずです。
その理由をもう一度吟味してみましょう。すっきりするまで考えましょう。
それで、納得してやらないならやらない。できそうだなと思ったらする。

そうするとねたむ気持ちもすっきりして役に立つでしょ。

最後は神様に報告しておしまい。

とても分かりやすい神様からのプレゼント

日頃生活していて、祈っても神様を感じられなかったり、なんだかわからなくなってしまった時、見て欲しいものがあります。


それは空です。空は神様が私達にくれた大きな絵画です。


いつ見ても新しく変わっていて、一人ひとり場所によっても全く同じものはありません。あなただけのための絵画をその都度用意してくれます。

色合い、雲の形、周りの山などとの組み合わせ。壮大な絵画です。


こんなに美しい絵画をありがとうございます。

神様が見てくれていると嬉しくなって、力もわいてきます。


ぜひ空を見て神様を感じてみてくださいね。

痛いときは賛美歌

私、昨日無理をしすぎて、腕が取れそうなくらいの筋肉痛になってしまいました。

痛くて痛くて眠れませんでした。


そこで!賛美歌を歌ってみました。


raptブログでは祈り、賛美、伝導とあるのですが、賛美が具体的によくわからなかったので、最近全くやってませんでした。


賛美は賛美歌を知らなくても、好きな歌に神様への感謝を歌詞にして歌っても、感謝をのせて演奏してもいいとのこと。

そうすると天使様が集まってくるようです。


私は神様が馴染みのあるメロディーのがいいかなと思い、唯一知っているアメージンググレイスを歌ってみました。英語の歌詞はよく知らないので口ずさむくらいですが。


すると、痛みが落ち着き耐えられるくらいになりました。神様ありがとうございます。


次の日起きたら治ってました。これも、神様ありがとうございます。


歌うのは声が出せればできるので、ありがたいです。


祈る、聖書を読む、raptブログで御心を知る、賛美歌を歌う、伝導のブログを書く。

バランスよくしっかりやっていきたいと思います。

なんでもない日を変える方法

過去を振り返って、なんでもない1日にちょっと戻って体験したいな〜って思ったことありませんか?
若い頃に戻って、あの時のあの服を着てお出かけしたいな〜とか。

もしかして今日、まさに今の時に戻りたいな〜ってなるかもしれませんよね。
マンネリした日を新鮮に過ごすにはどうしたらいいか、神様に聞いてみました。

1日たりとも全く同じ日はありません。すれ違う人、家族の行動、友達と話す内容も違います。その違いをよく見て、発見し、味わうことが大切です。
子供が初めて立った日はもちろん大切な記念日になるわけですが、あのときのあの話題!面白かったよね〜と振り返るポイントがたくさんあるわけです。
わかりにくいその小さな変化をたくさん見つける、それを楽しむことが新鮮に過ごすポイントかな。

と神様が教えてくれたような気がします。

見える人見えない人

あなたは目が見えますか?
何を見てますか?
本当に見えてますか?

きちんと見るというのは結構難しくて、ながして見てしまったり目の前にあるのに認識できていなかったりします。

また、自分の経験にもとづいて、色眼鏡をかけて見ていたりします。

見方によってはあなたの世界は薔薇色にもなるし、灰色にもなります。

澄んだ瞳で生活したいですね。

自分を正すこと

生活の中で面倒な人、意見が合わない人に出会うことは少なからずあります。

そんなとき役に立ってくるのは「悔い改め」です。


RAPTブログでは、自分が悪いことをしたら悔い改めをして神様に許してもらいましょうとしています。神様は自分の罪を認めて悔い改めれば、罪を許してくれます。

心の中で悪いことを考えたり、悪口や不満を言ったりするのはよくありません。私はいつも悔い改めています。

そのことを踏まえて生活していれば、それでも面倒をかけてくる人に出会ったとき、その人はサタンにとりつかれているとわかります。


聖書の中でも人はサタンに試されます。同じように試されているのです。


そんなとき悔い改めが役に立ってくるのです。普段から正しいことを心がけていればきぜんとした態度で対応できます。

どんなに文句を言われても、さらに自分の悔い改めるべきところが見つからなければ堂々としていればいいのです。(場合によっては神様に助けを求めてもよいでしょう)


もちろんその人は私を試すためにサタンにとりつかれているので、次会ったときはいい人になっているかもしれません。

どっぷりサタンにはまっていたらまた面倒をかけてくるかもしれませんが、そのときはこちらもまたきぜんとした態度で対応しましょう。


このように心が流されることがありません。

まだまだ完璧ではありませんが、このようにRAPTブログに出会ってからは思い悩むことが少なく、むしろいいことだらけです。神様ありがとう。

興味のある方はぜひRAPTブログを見て見てくださいね。