新しい生活

※RAPTブログを勧めるのはやめました。聖書を読みましょう

あやしい宗教の見分け方

信者の人の顔つき、心もちはどうか

その信仰の根底にある神様としているものはどんな性格の神か


カルトなどのあやしい宗教は上の方の人ばかり儲けています。

下々の人たちは、恐怖心をあおられて、その宗教の決まりを守ったり、お金を寄付したりしています。


宗教の建物は豪華なのに信者の家は普通。指導者は生き生きと贅沢に暮らしているのに信者は苦しそうに質素な生活をしている。

など落差が激しいのはどう考えてもあやしい宗教です。騙されないでください。


正しい宗教の形は、そこに喜んでつどう人がいて、信仰で各々が栄え、それではじめて立派な建物が建つのではないかと思います。


日本人が無宗教とか言われるのは、みんなあやしい宗教を警戒しているからではないかなと思います。ですが、信仰をもった生活は本来は素晴らしいものです。なにも集まらなくてもいいのです。


うっかり自殺しそうになっている人へ

明日が来る前に死んでしまおうと思っているそこのあなた!


ちょっと待ってください。


あなたの命はそんなに軽くありません。あなたの知らない生き方がまだあります。

どの道もダメではありません。

この世の価値観に騙されないでください。世間体やみえに脅迫されないでください。

あなたのフラフラな一歩でも今の生活から抜け出してください。

お金がなくても生活できます。


あなたが今ダメで自殺を考えているのではありません。

この世の常識に騙されて命を奪われそうになっているのです。


友達の家、家族の家、知らない土地、どこでもいいので逃げ込んでください。

聖書、神についてまなんでください。

宗教は騙したりこわい集団もありますので、1人で学びましょう。

神様はそんなに遠くない

神様や聖書の教えって自分とは遠い大変なものだと思っている人も多いと思いますが、実はそんなに遠くありません。

日頃自分でも薄々気づいている、こうしたほうがいいんじゃないかな〜という思いを実際に実行することと同じです。

ちょっと面倒、世間体が悪い、このままのが楽などの思いでやっていないことをする生き方です。


もう薄々気づいています。そのちょっとの理由を超えれば、すっきり気持ちのいい生活が待っています。



神様を信じきる

守りに入っています。

神様を信頼せず、自分でなんとかしようと思っています。


すべてを神様にゆだねれば、きちんと素晴らしい道が用意されます。


この肉体は神様のものです。

神様から借りた肉体です。欲のためには使いません。


神様のように正しく歩みます。

きれいな心で過ごします。


祈りの効果

祈りの効果がものすごいです。


常に神様と会話するように過ごすのがいいとのことで、ゴールデンウィーク中も困った時は「神様助けてください〜」と心の中で助けを求めていたんです。


あ、お昼食べる席がない!神様どうしよう〜とか、

渋滞が凄くて運転手が疲れてる、どうしよう〜とか、

みんなが楽しめるところはどこだろう、

探しているものが見つかりません

などなど


すると見事に1個だけ席が空いていたり、渋滞が緩和されたり、楽しく過ごせる穴場が見つかったり、探していたものがあって、さらにいいものまで見つけられたりしました。


本当に神様には感謝しかありません。楽しく過ごさせていただきありがとうございます。


これからも神様の御心によりそっていきたいです。

いろいろな欲

ゴールデンウィークです。

やりたいこと、楽しみたいこと、たくさんあると思いますが、注意して欲しいことがあります。


欲張らないでほしいのです。


食べるにしても、楽しむにしても、適度に。多すぎないように注意してください。


いいことが少しあれば喜びますが、いいことが多すぎると喜びを感じにくくなります。

求めれば際限がありません。


「足るを知る」という言葉がありますが、この祝福を感謝してかみしめて、求めすぎないでください。


欲はない方がいいです。

しっかり祈って神の御心に沿っていれば楽しみも祝福となってついてきます。

その祝福を感謝して楽しむという順番です。


神様ありがとうございます。今日も楽しく過ごせました。



口から出ることば

普段何気なく話している言葉で、注意すると、気持ちのいいことばと、悪意のあることばがあります。

人と話をするとき、ふざけ合って否定し合ったり、からかったりしていませんか?

悪意がなくても、口から出た毒は自分と周囲を汚します。

せっかく話すなら綺麗な言葉がいいですよね。それでいて、楽しい会話ができる人になりたいです。

また、相手が返答する時、悪い言葉しか言えないような質問もしないようにしたいです。

神様よろしくお願いします。